これからもずっと。 これからもずっと。

私たちの牛乳 私たちの牛乳

寄り添って歩んできた 「こんせん牛乳」の40年寄り添って歩んできた 「こんせん牛乳」の40年

「おいしい牛乳を飲みたい。」
「おいしい牛乳を届けたい。」

効率ばかりが大事にされて、
おいしさや安心が
置いてけぼりになっていた頃、
つながった私たち。

産地の努力に、
食卓からの応援が重なって
こんせん牛乳は生まれました。

これは、40年紡いできた
産直のものがたり。
これからもずっと続いていく、
私たちのものがたり。

ありがとう。今までも、これからも。

Episode 食卓↔産地 思い出レター

こんせん牛乳の思い出を尋ねてみたら、
組合員から続々届いた3000件以上のエピソード。
食卓と産地で、手紙を綴るように
メッセージの交換をしてもらいました。

  • いつも牛乳を残していた息子が 初めておかわり! From R. Mさん

    こんせん牛乳は、3歳の息子が初めておかわりした牛乳です。ほかの牛乳だといつも残していたので、きっとすごくおいしかったんですね。
    おとなは毎朝カフェオレにしていますが、砂糖を入れなくてもまろやかで飲みやすくなります。
    「こんせん」という場所が北海道にあるんだ!というのもこの牛乳をきっかけに知ることができました。

    「おいしい」という言葉が、 私たちのごちそうです From 小澤香里さん(JA釧路太田の生産者)

    いつもこんせん牛乳を飲んでいただきありがとうございます。3歳の息子さんは将来「違いのわかる男」になりそうですね。楽しみです。
    私たち生産者のごちそうは、飲んでくれているみなさんの「おいしい」という言葉です。これからも安心、安全な牛乳を提供できるように、牛たちとともにがんばりますので、飲み続けてくださいね。

  • このタオル、何に使うの?と 小さかった娘に聞かれながら… From まきばのこさん

    昔、よくタオルを贈っていました。タオルを用意していると、これは何に使うの?と当時幼い娘に聞かれ、しどろもどろ…。それがきっかけで産地でどんなふうに牛乳を作っているのか、よく知りたいと思うようになりました。
    そんな娘ももう30歳。近所に住んでいて、来ると牛乳を持っていってしまいます。これからもおいしい牛乳を楽しみにしています。

    送っていただいたタオル、 大切に使っています! From 對木賢雅さん(JAくしろ丹頂の生産者)

    いつもこんせん牛乳を飲んでいただき、ありがとうございます!みなさんから送っていただいたタオルは、牛さんのおっぱいを清潔にしたり、体をふいてあげたりと多様な使い方をしており非常に助かっています。
    昔からこの運動に参加してくださっていたということで、生産者としても感慨深いです。これからもおいしい牛乳を搾っていきますので、ぜひよろしくお願いします!!

  • 北海道の地理に夢中な息子。 旅行に行ける日を楽しみに From Y. Aさん

    こんせん牛乳をきっかけに、息子が北海道の酪農や農業に興味を持ち、楽しく学んでいます。
    根釧台地の風土の特徴などを実際に見てみたいと言うので、家族で北海道旅行に行くことが今後の楽しみに。
    さらに、先日は息子がこんせん牛乳でプリンを手作り。おいしさを実感し、ますます好きになっていました。家族一同、こんせん牛乳ファンとして、生産者さんたちを応援しています!

    夏の涼しい根釧地区に ぜひ遊びに来てくださいね。 From 菊地まゆみさん(JA阿寒の生産者)

    根釧地区の夏は北海道の中でもとても涼しい地域です。旅行するならぜひ夏がおすすめです。広い大地とたくさんの牛を見に来てください。
    プリンを作ってくれる息子さん、とても素敵ですね。私の息子も牛乳が好きでよく飲んでました。搾りたてが1番甘くておいしいそうですよ。

Special Movie

「私たちの牛乳」がうまれるまでと、
産地で紡がれる「いのち」のものがたり。

Create アイデア募集 みんなで考えよう これからの牛乳 Create アイデア募集 みんなで考えよう これからの牛乳 Create

coming soon

Action 産地にタオルを贈ろう Action 産地にタオルを贈ろう Action

coming soon

Special こんせんくんのかくれんぼ

coming soon