本文へジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
パルシステムのトップへ戻る
ホーム > パルシステムの商品 > 石けん生活トップ > じょうずな使い方(洗濯)
肌にも環境にもやさしいはじめませんか、石けん生活。<石けん生活トップページへ>
どうして石けんなの?トップページへ じょうずな使い方(洗濯)ページへ よくある質問トップページへ 商品ラインナップ(洗濯用)ページへ
洗濯のページへ 食器洗いのページへ 石けんシャンプーのページへ 重曹・酸素系漂白剤・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸のページへ
ここから本文です
今日から石けんの達人に。:じょうずな使い方

洗濯

石けんは洗い上がりがふんわりソフト。赤ちゃんの肌着も安心して洗えます。
合成界面活性剤、蛍光増白剤、エデト酸は不使用。

1.
洗濯物を入れる前に洗濯機に洗濯物の量にあわせ水(お風呂の残り湯がおすすめ)を入れた後、粉石けんを入れ2〜3分撹拌(かくはん)して充分に泡立てます。
液体石けんは洗濯物といっしょに入れて洗濯してください。

コツ よく溶かしてから使う
粉石けんネットや古ストッキングを使う方法もあります。溶け残りは洗濯物にカスがついたり、洗濯槽のカビの原因に。

コツ しっかり泡立てる
石けんの洗浄力の秘密は「泡」にあります。少なすぎると泡立たないので、パッケージに記載されている使用量を目安に石けんを入れてください。

ドラム式洗濯機の場合、洗濯物を洗濯機に入れ、その上に粉石けんまたは液体石けんをまんべんなく振り入れてください(洗剤投入口からは入れないでください)。
2.
洗濯物を洗濯槽に入れます。洗濯機の容量の7〜8割が目安。すすぎと脱水は普段どおりに。(入れすぎると石けんカスが衣類に再付着して、白のこりの原因に。)

コツ 部分洗いと予洗い
えりやそでの汚れ部分には事前に液体石けんか、固形石けんを塗りつけておき、軽くもんでからふつうに洗濯すると効果的。また、泥や油などの汚れがひどい時は水だけで3分ほど予洗いし、軽く脱水してから石けんで洗濯します。
コツ 石けん+酸素系漂白剤で自然な白さに
黄ばみやにおいが気になる、という時は酸素系漂白剤(30Lの水に対して大さじ約2杯)を併用すると汚れ落ちがよくなり、自然な白さを保ちます。一晩つけて翌朝すすげば、より効果的です。
コツ クエン酸で石けんカス対策
すすぎ水が透明になったら約5g(小さじ1杯)のクエン酸をすすぎ水に溶かします。石けんカスを抑え、黄ばみを減らします。
3. 脱水後、放っておくと雑菌が繁殖してにおいの原因となるので、できるだけ早く干すことが大切です。
コツ 洗濯槽をサッとひと拭き
洗濯後は石けんカスが付着した洗濯槽をクエン酸水でスプレーして、スポンジでサッとひと拭き。洗濯槽がピカピカに。

 


よくある質問
>>石けんで洗って衣類を白くするにはどのようにすればいい?
  >>洗濯用粉石けんを使い始めたが、泥汚れ・靴下が落ちにくい。酸素系漂白剤を併用(15〜20g/30L)しているが、いい方法はある?
  >>液体石けんは粉石けんに比べて泡が立たないの?
  >>洗濯機の黒カビ退治はどうしたらいい?

おすすめ商品
『やっぱり石けん!
洗濯用粉石けん』
『やっぱり石けん!
洗濯用液体石けん』

▲このページの上へ戻る
ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。
1つ前のページへ戻る