本文へジャンプ
本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
パルシステムのトップへ戻る
ホーム > パルシステムの商品 > 石けん生活トップ > どうして石けんなの?
肌にも環境にもやさしいはじめませんか、石けん生活。<石けん生活トップページへ>
どうして石けんなの?トップページへ じょうずな使い方(洗濯)ページへ よくある質問トップページへ 商品ラインナップ(洗濯用)ページへ
ここから本文です
パルシステムがおすすめするワケ:どうして石けんなの?
環境や生態系への負荷がより少ないから。

石けんは、もともと天然物の成分のひとつ。排出された石けんは、自然界で酵素やバクテリアなどによって分解され、約1日で水と炭酸ガスに変わります。石けんも使いすぎは生態系のバランスを崩す要因になりかねませんが、合成洗剤で使われる「合成界面活性剤」には分解に数日から一カ月以上かかるものもあります。
洗浄力が確かで、洗い上がりがナチュラル。

「真っ白な洗い上がり」と宣伝している合成洗剤ですが、実際は、蛍光増白剤の作用で「白く見せている」ものも。「石けん」は洗い上がりがとてもナチュラル。それでいて、洗浄力の強さは合成洗剤に優るとも劣りません。バツグンの洗浄効果は、合成洗剤との比較実験でも証明済み。「布おむつが、とてもきれいになってびっくり!」というママも少なくありません。
洗い上がりがふんわりソフト。柔軟剤いらずで、経済的。

「洗うごとにタオルがゴワゴワして、からだを拭くと痛い」という経験をおもちの方はいませんか? これは、衣類に残留した合成界面活性剤によって繊維が荒れてしまうためともいわれています。「石けん」は、それ自体に柔軟効果があるので、何度洗っても洗濯物がふんわり。吸水性もまったく変わりません。洗いたてでもゴワゴワ感やチクチク感がないから、下着やタオル類の洗濯にもぴったり。
肌への作用がマイルド。

合成洗剤に含まれる合成界面活性剤は、皮膚に浸透したり皮膚や衣類の表面に残留しやすく、毎日使うことでかなりの量が体内に取り込まれる、という見方があります。また、合成洗剤には、アレルギーを起こす可能性のある化学物質が含まれている場合も少なくありません。「石けん」は、水で洗い流すと界面活性力がゼロになるため、皮膚への浸透力はほとんどなく、皮膚の表面に残留したり体内に吸収されることもありません。

▲このページの上へ戻る
ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。
1つ前のページへ戻る