本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
パルシステムのトップへ戻る
パルシステムのトップへ戻る パルシステム加入のご案内トップページへ 資料請求する(資料請求フォームが開きます) お問い合わせ一覧ページへ サイトマップへ
ホーム > パルシステムの商品 > 産直肉 > 豚肉の特徴と産地
ここから本文です
パルシステムの商品のトップへ戻る

産直肉 パルシステムの商品
トップページ
パルシステムの産直肉
利用者の声(クチコミ情報)
特徴と産地
基礎知識
特徴と産地
基礎知識
特徴と産地
基礎知識
豚肉の特徴と産地
ポークランドグループ
山形コープ豚産直協議会
ナカショク
林牧場
首都圏とんトン協議会
川嶋畜産
薬師酪農生産組合
豚本来の生きる力を信じ、健康に育てる。それがおいしさと安全の基本です。 ポークランドグループ ナカショク ナカショク ナカショク 山形コープ豚産直協議会 林牧場 川嶋畜産 首都圏とんトン協議会 首都圏とんトン協議会
薬に頼らないために
豚はわずかな環境の変化でもストレスを受けやすく、病気にかかりやすいデリケートな動物。そのため一般的には、病気予防目的で法定休薬期間ぎりぎりまで飼料に抗生物質を添加する場合もあります。しかし、パルシステムの産直産地では、できるだけ薬に頼らない飼育をめざし、衛生管理・温度管理の徹底や豚舎の密度を抑えるなど、飼育環境を整えて豚のストレスを軽減し、自然治癒力や免疫力を高めることに努めています。

また、パルシステムと生産者、組合員、獣医、畜産関係者が一体となって「生産指標」を作り、具体的な生産努力を確認する取り組みを行っています。
飼料の内容を明確に
各産地では飼料に大麦を混ぜるなど、独自の工夫を行っています。飼料の大部分は海外からの輸入に頼らざるをえないのが現状ですが、内容をすべて明らかにしています。
最適な「流通温度」を研究し、徹底管理を
豚肉は食肉処理をしてから1週間ほどが食べごろと言われています。この期間の温度管理が、おいしさを保つ重要なポイント。
パルシステムでは、入荷から出荷までの各工程で温度管理を徹底。ほどよく熟成した食べごろを、主に冷蔵でお届けします。
肉の特性に合わせた包装
冷蔵肉は、肉の形態に合わせパルシステム独自のパッケージを使用。真空に近い状態で新鮮さをキープする「スキンパック」、炭酸ガスと酸素を封入し、微生物の繁殖を防ぐ「ガスパック」を採用し、パルシステムならではのこだわりのおいしさをお届けします。

パルシステム直営の食肉加工会社[株式会社 パル・ミート]

(株)パル・ミートは、「安全でおいしい肉を食べたい」という組合員の思いから1979年に設立されました。食肉の仕入れから加工までを一貫して行っているのが、パルシステムならではの安心感。高い専門性が要求される仕事だけに、「産直」をうたっている他生協でも、内部に食肉加工会社を抱えているところはほとんどありません。

ホームページで「製造・加工工程」をご覧いただけます。
株式会社パル・ミートのホームページへ

ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。
1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る