本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
パルシステムのトップへ戻る
パルシステムのトップへ戻る パルシステム加入のご案内トップページへ 資料請求する(資料請求フォームが開きます) お問い合わせ一覧ページへ サイトマップへ
ホーム > パルシステムの商品 > 産直肉 > 鶏肉の特徴と産地
ここから本文です
パルシステムの商品のトップへ戻る

産直肉 パルシステムの商品
トップページ
パルシステムの産直肉
利用者の声(クチコミ情報)
特徴と産地
基礎知識
特徴と産地
基礎知識
特徴と産地
基礎知識
鶏肉の特徴と産地
鹿児島くみあいチキンフーズ(鹿児島県)
までっこチキン生産者連絡協議会(岩手県)
米沢郷牧場(山形県・宮城県)
北浦しゃも農場(茨城県)
日本ホワイトファーム(北海道)
生産者の不断の努力によってたどりついた「飼料に薬を添加しない飼育」という答え 鹿児島くみあいチキンフーズ までっこチキン生産者連絡協議会 米沢郷牧場 米沢郷牧場 北浦しゃも農場 日本ホワイトファーム
「抗生物質に依存しない」から安心を届けられる
一般の若鶏は生産性を高めるために、法定休薬期間(出荷前7日)を除き、飼料に抗生物質や合成抗菌剤を添加する場合が多いですが、パルシステムは生産者と協議を重ねながら、すべての産地で飼育期間中(ひな導入から生鳥出荷まで)の飼料に抗生物質や合成抗菌剤を添加しない飼育を実現しています。

さらに、「コア・フード地鶏しゃも」と「米沢郷鶏」は飼料の主原料が非遺伝子組換えです。
北浦しゃも農場「コア・フード地鶏しゃも」
「コア・フード地鶏しゃも」は日本在来種である軍鶏の血統を50%引き継ぐ地鶏です。一般のブロイラーが生後40〜50日程度で出荷されるのに対し、80日以上かけて成長をじっと待ちます。飼料は生産者が独自に考えた指定配合で、非遺伝子組換え原料を使用しています。手間も時間もコストもかかりますが、じっくりゆっくり育てられたしゃもの歯ごたえとおいしさは格別。「コア・フード地鶏しゃも」は生産者のこだわりと努力によって生まれました。
鳥インフルエンザへの対応
各産地では、鳥インフルエンザ防疫対策を徹底しています。パルシステムとしても対応マニュアルを作成し、安全・安心な鶏肉を供給できるよう、産地との連携を図っています。

パルシステム直営の食肉加工会社[株式会社 パル・ミート]

(株)パル・ミートは、「安全でおいしい肉を食べたい」という組合員の思いから1979年に設立されました。食肉の仕入れから加工までを一貫して行っているのが、パルシステムならではの安心感。高い専門性が要求される仕事だけに、「産直」をうたっている他生協でも、内部に食肉加工会社を抱えているところはほとんどありません。

ホームページで「製造・加工工程」をご覧いただけます。
株式会社パル・ミートのホームページへ

ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。
1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る