ホーム > パルシステムの商品 > 商品づくりの考え方

商品づくりの考え方

パルシステムの商品づくりがめざすもの
「7つの約束」

パルシステムの商品は、単なる「モノ」ではありません。
「食」と「農」をつなぎ、いのちの力があふれる社会を、次の世代にきちんと手渡したい。
その思いを込めてパルシステムは、次の「7つの約束」の実現をめざして商品づくりを進めます。

1 作り手と「顔の見える関係」を築き信頼から生み出された商品をお届けします。 1 作り手と「顔の見える関係」を築き信頼から生み出された商品をお届けします。

『作り手と「顔の見える関係」を築き信頼から生み出された商品をお届けします。』のイメージ

  • 食べる人を思って作る食材には、自然と「その人のために」の気持ちが込められるもの。食品への信頼をゆるがすできごとが絶えない時代だからこそ、顔の見える関係を大切にし、互いが信頼できる関係を築きます。
2 食の基盤となる農を守るためにも国産を優先します。 2 食の基盤となる農を守るためにも国産を優先します。

『食の基盤となる農を守るためにも国産を優先します。』のイメージ

  • いのちの源となる食の生産を輸入に頼り、自給率低迷から抜け出せない日本。農業の先行きが不安視されるなか、産地や生産者と連携し、国産原料や国内工場を優先。地域を守り、「食料自給力」の向上をめざします。
3 環境に配慮し、持続できる食生産のあり方を追求します。 3 環境に配慮し、持続できる食生産のあり方を追求します。
  • 効率を重視し、大量に生産、消費、廃棄する食生産は、エネルギーの浪費と環境への負荷を生み続けます。だからこそ、農産物の農薬削減や容器包装のリユース・リサイクルなど、資源循環型のしくみを追求します。
『環境に配慮し、持続できる食生産のあり方を追求します。』のイメージ
4 化学調味料不使用で、豊かな味覚を育みます。 4 化学調味料不使用で、豊かな味覚を育みます。

『化学調味料不使用で、豊かな味覚を育みます。』のイメージ

  • 化学調味料の強いうまみに慣れると、素材の繊細な味わいを感じる力が損なわれるといわれます。豊かな味覚を育み、子どもたちに「ほんもの」を伝えるため、化学調味料を使わず素材本来のおいしさを生かします。
5 遺伝子組換えに「NO!」と言います。 5 遺伝子組換えに「NO!」と言います。

『遺伝子組換えに「NO!」と言います。』のイメージ

  • 世界中にあふれる遺伝子組換え食品は、気づかぬうちに口にしているのが現状。一部の多国籍企業による種子の独占が懸念され、安全性や自然界への影響も危惧されるなか、「遺伝子組換えにNO !」と言います。
6 厳選した素材を使い、添加物にはできるだけ頼りません。 6 厳選した素材を使い、添加物にはできるだけ頼りません。

『厳選した素材を使い、添加物にはできるだけ頼りません。』のイメージ

  • 食品添加物の独自基準を設け、仮に使用を認める物質でも、できるだけ使用しない、使用を減らすなど厳しく運用。安易に食品添加物に頼らず、素材を吟味し、できるだけ本来の作り方に沿った製造法をとります。
7 組合員の声を反映させた商品づくりを大切にします。 7 組合員の声を反映させた商品づくりを大切にします。

『組合員の声を反映させた商品づくりを大切にします。』のイメージ

  • 食べておいしい、あってよかった、と思われる商品づくりには、使う人のくらしの視点や声が欠かせません。組合員が関わる活動や、寄せられた声を通して組合員の思いを受け止め、商品開発や改善に生かします。
    詳細はこちら

生活用品への
「6つの想い」

パルシステムが考える確かな品質の商品で、組合員の心地よいくらしを応援します。
単なる消費ではなく、商品の「ものがたり」を伝え、心豊かなくらしと共生の社会の実現をめざしたい。
「6つの想い」を大切にして、商品づくりを進めます。

  • 1 商品の成分や材質の基準を設けて、安心で安全な商品をお届けします。
  • 2 森林を育み、「森」「川」「海」の環境を守り、石けん運動を広めます。
  • 3 再生原料の利用を推進し、限りある資源を有効に活用します。
  • 4 文化や技の継承・発展、国産のものづくりを応援します。
  • 5 「もの」を長く使い続ける良さを伝えます。
  • 6 組合員の声を反映させた商品づくりを大切にします。

パルシステムは常にここに立ち返ります
「商品づくりの基本」

パルシステムの商品はどれも、産直産地や生産者、組合員とともに歩み、挑戦してきた歴史や物語を持っています。その長い道のりで、パルシステムが常に指針としてきたのが、「商品づくりの基本」です。

1 自然や生き物の「本来の姿」を尊重しているか 1 自然や生き物の「本来の姿」を尊重しているか

食はいのちの塊。土、大気、水など自然や動植物の生態系とのバランスを保ちながら、次世代までつなぐことのできる食生産のしくみ、方法を追求します。

『自然や生き物の「本来の姿」を尊重しているか』のイメージ

  • <取り組み例>
  • 遺伝子組換え作物にNO!の立場を貫きます。
  • 抗生物質に頼らない畜産を実施します。
  • パルシステム独自の取り組みの「農薬削減プログラム」を推進します。
  • 環境に負荷をかけないリサイクル、リユースを積極的に行います。
  • 生き物を育む田んぼの状態を調査して、未来につながる農業をめざします。
2 地域に根ざした食生産やくらしに貢献しているか 2 地域に根ざした食生産やくらしに貢献しているか

経済主導のグローバリズムに対抗し、地域の農業やくらし、文化を次世代につないでいくことをめざします。

『地域に根ざした食生産やくらしに貢献しているか』のイメージ

  • <取り組み例>
  • 「産直」で「食べる側」と、「つくる側」双方の共存をめざします。
  • 組合員と生産者の産地交流を積極的に行います。
  • 国内で生産できない農作物を中心に、国際産直・フェアトレードをしています。
  • 豚の肥育を行う飼料の一部を、輸入穀物から産直産地で栽培した飼料用の米に切り替えるなど、飼料自給率を高めています。
3 「作り手」との関係に、甘えや惰性、妥協はないか 3 「作り手」との関係に、甘えや惰性、妥協はないか

誰が、どのように生産したか、どのように加工され、どういうルートで食卓まで届けられるのかを確かめる、トレーサビリティーのしくみを構築。生産過程の記録や情報の管理を徹底します。

『「作り手」との関係に、甘えや惰性、妥協はないか』のイメージ

  • <取り組み例>
  • 生産者と組合員が主体となって行う、独自の監査システム「公開確認会」を定期的に開催しています。
  • パルシステム独自の「商品検査センター」で、放射能検査、微生物検査、理化学検査を実施しています。
4 食べて「おいしい」、あって「よかった」を届けているか 4 食べて「おいしい」、あって「よかった」を届けているか

「本来の味」がわかる豊かな味覚を育み、健康なくらしに貢献するため、素材を厳選し、素材のもつ自然のうまみ、味わいをできるだけ引き出した商品づくりをめざします。また、商品づくりに組合員が参加し、納得できる味、品質を追求していきます。

『食べて「おいしい」、あって「よかった」を届けているか』のイメージ

  • <取り組み例>
  • パルシステム独自の「食品添加物使用規程」による、食の安全への厳しい基準を守っています。
  • 組合員が主体となった商品開発、改善などに取り組みます。体験型食育を実践しています。
  • 産地交流での農業体験、カタログでの情報提供、各地域で「食育クッキング」などを実施。食をより楽しむための情報を、組合員のみなさんにお届けします。
5 商品の裏側をきちんと伝えようとしているか 5 商品の裏側をきちんと伝えようとしているか

一人ひとりの「選択(=購買行動)」は、企業や業界、社会を動かす大きな力。モノ作りの裏側にある人や地域、物語を伝え、「買うことの価値(=社会への投票)」を実感できる場づくりを重視しています。

コトコト

  • <取り組み例>
  • 単なる「モノを売る」場にしない、情報発信型カタログをお届けします。
  • 青果に作り手の思いを伝える産地カードを同封しています。
  • 商品の原材料やその原材料の原産地表示を、積極的に行っています。
  • 「アレルゲン」や「遺伝子組換え」などの情報は、できる限り表示します。