本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
パルシステムのトップへ戻る
パルシステムのトップへ戻る パルシステム加入のご案内トップページへ 資料請求する(資料請求フォームが開きます) お問い合わせ一覧ページへ サイトマップへ
ホーム > パルシステムの商品 > 商品詳細
ここから本文です
1つ前のページへ戻る
産直卵・産直牛乳 パルシステムの商品
お米配合のエサで育った鶏の卵。おいしく食べて食料自給率もアップ!
産直こめたまご(赤玉またはピンク玉)
クチコミ情報を見る



飼料米を20%配合。食料自給率の向上をめざします。
きっかけは、輸入飼料の高騰。地域の農業発展にもつながっています。
2008年、畜産業界に大きな衝撃を与えた、輸入飼料の高騰。鶏の飼料の中心であるとうもろこしを輸入に頼る養鶏農家にとっても、大きな痛手でした。これをきっかけに誕生したのが、親鶏に与える飼料全体の20%を飼料米にした『産直こめたまご』です。
「少しずつでも、できるところから飼料の国内自給に挑戦し、飼料確保の基盤づくりをしたい」。そんな産直たまご生産者の思いからはじまったこの取り組み。これをきっかけに、畜産農家と稲作農家をはじめとした産地連携が深まったり、飼料米を耕作放棄地で栽培することで地域農業の活性化が図られたりと、『産直こめたまご』はさまざまな好循環をもたらしています。もちろん、飼料の自給が進むことは、食料自給率の向上にもつながっています。
基本は「健康な鶏を育てること」。生産者も飼育方法も明らかです。
「安心でおいしい卵を作るためには、鶏の健康が何より大切なんです」と語るのは、産地のひとつ、やさと農業協同組合(茨城県)の生産者・諏訪宏行さん。諏訪さんは鶏の体調管理のため、飼料の一部に米ぬかを発酵させたものを加え、おなかの調子を整えるなどの工夫をしています。
また、鶏舎は『産直たまご』と同様、光と風が入る「開放鶏舎」を採用し、ケージのなかも充分なスペースを確保。できる限りストレスがかからないように配慮し、のびのびと育てた健康な鶏の卵をお届けします。
この商品は、原料や製法にこだわり、パルシステムが独自に開発したオリジナル商品です。



〈オムレツ〉



JAやさと(茨城県)の諏訪宏行さん


  • 『健康に育った親鶏と生産者の想いが産んだ「自然ないのち」』たまごページへ
ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。
1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る