本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
パルシステムのトップへ戻る
パルシステムのトップへ戻る パルシステム加入のご案内トップページへ 資料請求する(資料請求フォームが開きます) お問い合わせ一覧ページへ サイトマップへ
ホーム > パルシステムの商品 > たまご > パルシステムのたまご
ここから本文です
パルシステムの商品のトップへ戻る
たまご パルシステムの商品
「パルシステムのたまご」
パルシステムのたまごトップページへ ここはパルシステムのたまごのページです たまごが届くまでのページへ
産地・生産者一覧のページへ たまごQ&Aのページへ 利用者の声(クチコミ情報)ページへ
パルシステムのたまごは「想い」がつくる。

ぷっくりふくらんだ黄身は、口の中に入れると何ともまろやか。
一度食べれば、その味の違いに驚くパルシステムの卵。
「味が濃い」「くさみがない」「昔の卵の味がする」
たくさんの組合員のみなさんから好評の声をいただいています。

この味を実現したのは、パルシステムと生産者の「想い」。
安さを求め、効率が優先されがちな卵づくりの中で
たとえ費用や手間がかかっても、健康な親鶏を育て、
安心して食べられるおいしい卵をつくりたい――
パルシステムの卵は、そんな想いをたくさん詰めて、
産地とパルシステムの強い「こだわり」から、生まれました。
ここでは、その3つの「こだわり」をご紹介します。

[こだわり1]太陽の光と自然の風をとりいれた鶏舎

一般的な養鶏場では、窓がないウインドウレス鶏舎で育てられている場合もあります。太陽の光を遮断し、完全に密封された鶏舎内では、照明や空調設備を用いて日照時間や温度・湿度を人工的に管理しています。
一方、パルシステムの産直産地では、太陽の光と自然の風が通る鶏舎で親鶏を飼育。自然環境の影響を受けやすい飼育方法のため、管理の手間や時間はかかりますが、できるだけ自然に近い形で飼育することで、親鶏に余分なストレスがかからないようにしています。





[こだわり2]非遺伝子組換えのとうもろこしを全産地で使用

鶏の飼料の50〜60%はとうもろこし。だからこそ、パルシステムの卵には、非遺伝子組換えのとうもろこしを主体とした飼料を全産地で使用しています。卵は鶏から産まれるもの。親鶏が健康でなければ、よい卵は産まれません。そのためには、たとえコストがかかっても、確かな飼料を食べさせることが1番です。





[こだわり3]品質を保つための温度管理

卵の鮮度を保つためには、低温下で管理することが重要です。そのため、パルシステムでは温度管理を徹底。産地から冷蔵車で輸送して、冷蔵品専用のセットセンターで「通い箱」にセット。そのまま冷蔵ボックスに入れてお届けします。





パルシステムの産直たまごは4種類

産直たまご(白玉)

産直たまご(赤玉またはピンク玉)

コア・フード平飼いたまご

ケージ飼い(※1)で飼養。飼料のとうもろこしを非遺伝子組換えの原料に限定しています。

ケージ飼い(※1)で飼養。飼料のとうもろこしと大豆粕は非遺伝子組換えの原料に限定しています。

平飼い(※2)で飼養。飼料に遺伝子組換え原料は使用していません(ただし未利用資源(※3)は除く)。産地によっては有精卵が入ることもあります。

産直こめたまご(赤玉またはピンク玉)

ケージ飼い(※1)で飼養。20%以上、米を配合した飼料で育てた親鶏の卵。

※1 ケージ飼い
かご(ケージ)に囲って飼料を与え、飼養します。

※2 平飼い
小屋で囲い、地面の上で飼養します。

※3 未利用資源とは、食品工場から出る大豆などの穀物のカスや、規格外の農作物のこと。  
ページに記載された内容は、最新の情報と異なる場合があります。
1つ前のページへ戻る
このページの上へ戻る