パルシステムの産直

What’s Sanchoku?

産直は、作り手と
食べ手がともに育むもの

よく、「産直とは『産地直送』のことですか?」と聞かれます。確かにパルシステムの産直は、一般的な市場を通さない取引により、信頼できる作り手と直接つながることを願って始まりました。

しかし、私たちの産直は、単なる食料調達の手段には留まりません。日々の暮らしの中で、「作る」と「食べる」がともに支え合う。そのパートナーシップを育むための運動こそ、パルシステムの「産直」です。

食を生み出すこと、選ぶことは、社会の形を変えていく力さえ持っているものだから。

私たちは産直で、心豊かな地域社会の実現をめざします。

産直4原則

  1. 1.生産者・産地が明らかであること
  2. 2.生産方法や出荷基準が明らかで生産の履歴がわかること
  3. 3.環境保全型・資源循環型農業を目指していること
  4. 4.生産者と組合員相互の交流ができること

以上の4つからなる「産直協定」を結んだ産地を「産直産地」と呼んでいます。

Sanchoku Producers

380以上の産地がパートナー

How to create Sanchoku

対等なパートナーシップを
育む

産直のベースにあるのは、互いの現状を率直に話し合える、生産者と消費者の対等な関係。
産地の取り組みを確認し合ったり、課題を共有化して解決を模索する、
独自の仕組みを作り上げてきました。

産直のエキスパート―関連子会社―

People to people

産地と食卓をつなぐ

言葉を交わしたり、声を届けることで、
互いの信頼関係はさらに深まっていくもの。
私たちは、産地との交流、コミュニケーションを大切にしています。