本文へジャンプ
ここから上部共通ナビゲーションです
パルシステムのトップへ戻る
パルシステムのトップへ戻る パルシステム加入のご案内トップページへ 資料請求する(資料請求フォームが開きます) お問い合わせ一覧ページへ サイトマップへ
ホーム > パルシステムの住まい > シロアリ防駆除

ここから本文です

パルシステムの住まい

シロアリ防駆除

床下の環境を整える…それが大切です。

「安くて強力に効く」薬剤をまいてしまい、それが体に合わずに健康を害することになった…というのはよく聞く話。大切なのは、薬をまくだけでなく床下環境の整備をすること。「薬だけに頼らない・必要ないなら薬はまかない」それがパルシステムの考え方です。 しかし、どうしても薬をまかないといけない状態もあります。そんなときは、使う人に本当に合ったものを、じゅうぶんな説明とともにご提案しています。しっかりと納得するまで住まいの相談員へご相談ください。

■(株)協立、(株)シー・アイ・シー住環から住まいの相談員がうかがいます。

無料床下点検

住まいの相談員が組合員のお宅へ直接おうかがいし、敷地の情報、床下の湿気、害虫に関する不安な点をヒアリング。そのうえで床下に入り、実地調査を行います。専門的なチェックに基づき床下の環境を整備することとあわせて、それぞれの床下の状況にマッチした対策をアドバイスします。また、報告書としても提出いたします。


キッチンや洗面室等にある床下収納庫を取り出し、進入口を確保します。


床下収納庫がない場合には、和室の畳を上げ、床板やコンパネをカットして進入口を作成します。(床下収納庫や和室、または点検口がない場合はご相談ください。)


計測器(「湿度計」「含水率計」)による数値データの収集を行った後、土壌・コンクリート基礎・土台や束柱等木材の状況、カビや腐朽菌の発生の有無、シロアリ被害の有無などを確認していきます。点検時間はおおよそ1時間〜1時間30分程度です。


検査結果について「報告書」を作成、ご提出すると共に、デジタルカメラで撮影した床下の様子をテレビに映してご報告。現段階での状況を詳しくご説明させていただきます。また、お見積り書も提出します。

■ご注意ください

悪質業者が目立っています。訪問の際は、パルシステム発行の「住まいの相談員証」を着用していることを、必ずご確認ください。パルシステム提携先の(株)協立、(株)シー・アイ・シー住環は、事前に組合員に連絡をしてからうかがいます。直接訪問する業者には充分気をつけてください。飛び込み業者を家に入れないようにしましょう。

■お願い
道路交通法の改正により、駐車の取り締まりが厳しくなっています。作業時の駐車スペースの確保にご協力をお願いいたします。

■お支払い方法
施工終了後に指定金融機関への振り込みとなります。またローンなどについては、提携先にお問い合わせください。

■点検が有料となる物件について
他業者が施工をし、保証期間中にあたる現場や、不動産関係売買に関する物件の場合は有料となります。

このページの上へ戻る


防除方法

パルシステムでは、2つの防駆除方法をおすすめしています。いずれも人体や環境への配慮をした施工方法です。

薬剤を散布する防除方法

天然ピレトリンMC(マイクロカプセル)

蚊取り線香の原材料としても利用されている、除虫菊の殺虫成分「ピレトリン」を抽出して作った、シロアリ防除剤です。 保証期間も、安心の5年間です。

5年保証上のご注意

  • 施工内容により保証書を発行できない場合があります。
  • シロアリ防除した箇所から、シロアリが発生した場合は、無償で再施工します。
  • 施工後、シロアリにより建物に損害が生じた場合いは、300万円を限度として修復費用を賠償します。
  • 施工後、アフター点検実施します。
    1.防除(シロアリがいない場合)施工後、3年目と5年目。
    2.駆除(シロアリがいた場合)施工後。2年目と5年目。
    点検日は電話でのお打合せの後、決定します。

使用する薬剤
●土壌処理用
(社)日本しろあり対策協会認定薬剤(第3476号)
(社)日本木材保存協会認定薬剤(A-4212)

●木部処理用
(社)日本しろあり対策協会認定薬剤(第7296号)
(社)日本木材保存協会認定薬剤(A-5395)

  • ※1階が10坪以下の場合は10坪の価格とさせていただきます。
  • ※近隣3軒以上でお申し込みいただいた場合は、10%割引させていただきます(同日施工に限る)。
  • ※防腐・防カビが必要な場合は別途お見積もりします。
  • ※建物の構造により、コンクリート(玄関、土間、浴室等)処理施工が必要になる場合は、別途お見積もりします。
  • ※居住空間、壁面など防除処理が必要になる場合は、別途お見積もりします。

薬剤を散布しない防除方法

シロアリの習性を利用した防駆除「セントリコン*・システム」は、薬剤を特殊な容器に入れて地中に埋設します。人やペットが薬剤に触れる 可能性がほとんどない安心シス テムです。この方法は、巣ごと シロアリを根絶する方法でもあ り、相談員が管理するため、安 心なシステムです。

  • ※1階の外周が30m以下(約16坪)の場合は30mの価格とさせていただきます
  • ※施工2年目より、税込32,400円(外周40m以内)の年間管理料が必要です。イエシロアリの場合は、税込64,800円となります。
  • ※近隣3件以上でお申し込みいただいた場合は割引させていただきます。

1.設置

加害状況や活動範囲を調査したうえで、「セントリコン・ステーション(特殊容器)」を床下や樹木のある庭などに設置。

2.点検

セントリコン・ステーションに納めたモニタリング・デバイス(餌木)を定期的に点検。シロアリの存在の確認や食害の有無の確認をする。

3.薬剤投与(設置)

シロアリの存在・食害を確認したら、餌のように調製した薬剤が入ったベイトカップを設置。遅効性の薬剤をシロアリは食べ続け、コロニー(巣)全体に行き渡らせます。平均2〜3カ月の投与でコロニー(巣)全体が死滅します。

4.再点検

コロニー(巣)が全滅した後も、再侵入がないか監視します。

このページの上へ戻る


床下環境整備

床下の湿度が高く通風が悪いと、木材腐朽菌やカビが発生し、その環境を好むシロアリの繁殖を促進します。しかし、実際の生活空間でないため、環境改善の重要性は見落とされがち。湿った空気を強力に攪拌換気し、カビ・シロアリや木材腐食菌の繁殖を抑制しましょう。

床下環境のよい家

ひとつの床下換気口から入ってくる風が、このように床下を通ってほかの換気口から出ていくことをしっかり計画できていれば、シロアリは過ごしにくくなります。床下もよい環境でなければ、よい家とは言えません。

床下換気口をふさがない

床下換気口の前に物を置いていませんか?
花壇の植木や鉢植えで換気口が隠れていたり、テラスや土間があったりして、雨水が床下換気口から入り込んではいませんか?小さいけれど大切な働きをしてくれる換気口、ふさがないように気をつけましょう。

床下換気口は床下環境の要

床下換気口がふさがり、そこから雨水が大量に入り込んだりすると、それだけで床下の環境はとても悪くなります。

もし床下換気がうまくできていなかったら…

強制的に空気の流れを作り出す床下換気扇を取り付けるのもよい方法。 空気の流れが悪い家の中央部には、撹拌ファンなどを設置して、床下に空気の流れを作ります。床下換気扇が必要かどうかは、床下点検をしたときに、住まいの相談員にどうぞご相談ください。

床下攪拌ファン

滞った空気を強力に撹拌します。 床下換気扇との併用で、より効果的に。

  • ※基本工事費込み
  • ※タイマーは別途費用がかかります。(組合員価格12,960円)

床下換気扇

床下の湿気を強制的に放出して、 健康な環境を保ちます。 電気代もわずかな省エネ設計。

  • ※基本工事費込み

このページの上へ戻る


床下環境整備

関東ではヤマトシロアリの被害が主ですが、温暖化による影響なのか、いままでなかったイエシロアリの被害が増えてきています。イエシロアリは世界のシロアリのなかでも加害力の大きな種類です。早めの対策で、住まいを守りましょう。

羽アリを見分けるポイント

シロアリはずんどう体型で翅が4枚ともほぼ同じ大きさ。それでは、イエシロアリとヤマトシロアリを見分けるポイントは?

シロアリが好む場所

インターネットにて受付中(※オンラインパルへの登録が必要です。)
お見積り・お問い合わせは[電話:0120-114-312 受付時間 10:00〜17:00(月〜金)]

1つ前のページへ戻るこのページの上へ戻る