栽培基準

パルシステムの米と青果には、「コア・フード」「エコ・チャレンジ」という独自の栽培基準があります。めざしているのは、人体や環境への影響が大きい化学合成農薬を避け、化学肥料の削減を通して健康な土づくりを進めること。「コア・フード」と「エコ・チャレンジ」のマークが目印です。

コア・フード

有機JAS認証を取得した「有機農産物」、またはそれに準ずると判断された農産物。化学合成農薬、化学肥料を使わない(※)、パルシステムのトッププランドです。

※有機JAS認証での使用可能資材を除く。

エコ・チャレンジ

化学合成農薬、化学肥料を各都道府県で定められた慣行栽培基準の1/2以下に削減し、パルシステムが定める「削減目標農薬」を不使用。

  • ※青果は、除草剤、土壌くん蒸剤不使用。
  • ※青果は2014年10月お届けから、米は2015年産米から実施。
※表示なし:パルシステムの産直産地で生産された農産物。

商品づくりの考え方