打ち直せば、まるで新品のようなふとんに

ふとん仕立て直しは、「打ち直し」とも言われ、昔から日本に伝わる伝統技術です。皮脂などで汚れたり、かさの減ってしまったふとんの中身を直接洗浄し、ふっくらとした元の姿に戻したわたや羽毛を新しい側生地でくるみ直します。 ダブルサイズをシングルに変更したり、掛けふとんを敷きふとんに仕立て直しすることも可能です。

価格

提携先サイトをご確認ください。

作業工程

わた・羊毛ふとん

1

ふとんを個別管理

わたの素材や状態を確認。その後、バーコードと個別管理ラベルで徹底した管理を行います。

2

わたの補充

側生地から中身を取り出し、新しいわたと均等に混ぜ合わせて、ふとんがへこまないよう耐久性を高めます。

  • 補充わたは、もめんわたと吸汗性のある中空構造のポリエステルわたをブレンドしています。
  • 綿100%をご希望の方は、ご注文時にお伝えください。
  • 羊毛ふとんの場合、補充わたは羊毛100%になります。
3

中身を直接洗浄

わたを薄いシート状にしてからジェットシャワー洗浄で汚れを洗い落とします。その後、乾燥機で仕上げます。

4

縫製・検査

清潔になったわたを新しい側生地に入れ縫製し、金属探知機で検査をしてから梱包します。

羽毛ふとん

1

ふとんを個別管理

羽毛の素材や状態を確認。その後、バーコードと個別管理ラベルで徹底した管理を行います。

2

羽毛を直接洗浄

水洗い…洗浄・脱水を3回繰り返します。
スチーム洗い…霧状の水で汚れを洗浄します。

3

羽毛の補充

洗浄後は、汚れや再生できない羽毛が落ちて量が少なくなるので、新しい羽毛を補充します。

  • 羽毛ふとんは劣化分を補うため、サービスで補充羽毛が設定されています。
  • 補充羽毛は、エクセルゴールドラベルのホワイトダッグ90%の羽毛です。エクセルゴールドラベルとは、日本羽毛製品協同組合が定めた上から3番目のクラスでダウンパワー350dp以上のものです。
  • 80番手の柄指定仕立て直しの場合は、補充羽毛と追加羽毛がグースになります。
  • 補充羽毛でも規定の重量に満たない場合、追加羽毛(ダック100g1,620円(税込)またはグース100g2,057円(税込))のご案内をはがきにて行います。ただしご連絡は解体後となりますので、あらかじめご了承ください。
4

縫製・検査

清潔になった羽毛を新しい側生地に入れ縫製し、金属探知機で検査をしてから梱包します。

注意事項

  • わた・羊毛・羽毛などの品質・状態等により、できあがりの風合いが異なることがあります。
  • サイズ・重さは±3%の誤差が生じます。
  • 色・柄・形状は、撮影された画像と若干異なる場合があります。
  • シングルより大きな幅のふとん(わたふとんの場合、掛ふとんシングルを含む)には、「はぎ」(生地の縫い合わせ部分)が入ります。
  • お預かりしたふとんの側生地やふとんカバーはお戻しできません。
  • お届けしたふとんに不具合がある場合は、3カ月以内に花嫁わた株式会社までご連絡ください。
  • 原則、ご注文枚数を超える古ふとんをお預かりすることはできません。

わた・羊毛ふとんについて

  • お預かりできるふとんはもめん、羊毛、化繊の掛・敷ふとんです。反毛(色のついたわた)、真綿(絹)はお取り扱いできません。
  • ベビーふとん・肌掛などは、2枚で大人用ふとん1枚換算になります。

羽毛ふとんについて

  • 掛ふとんのみ取り扱っています。羽根ふとん、クッション、枕、ダウンジャケット、ダウンコートはお預かりできません。
  • お預かりできる中素材は羽毛のみです。
  • 羽毛にはグレー羽毛の許容範囲が定められており、お預かりした羽毛に混じった黒い部分が透けて見えることがあります(保温性が劣るものではありません)。

利用者の声

長年使ったぺちゃんこの敷ふとんを買い替えようか考えていたとき、仕立て直しのことを知りました。出すのも恥ずかしいくらいでしたが、相談したら仕立て直せるとのこと。どんな状態でできあがるのか多少不安でしたが、届いてびっくり。まるでまったく別の新品のふとんに生まれ変わって戻ってきました。なかのわたは自分が使っていたものなんだと思うと、捨てなくてよかったと満足しています。